カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ VEURO VE303 ビューロ サマータイヤ 215/65R16 WEDS ジョーカーシェイク ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +53 5穴 114.3


 >  > 

16 X +53 サマータイヤ 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 4本 ダンロップ 5穴 16インチ WEDS 114.3 ビューロ 215/65R16 6.5 ジョーカーシェイク ホイールセット カードでポイント最大34倍 VEURO DUNLOP 4本 X VE303

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ VEURO VE303 ビューロ サマータイヤ 215/65R16 WEDS ジョーカーシェイク ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +53 5穴 114.3
ビルドアライン ボルトオンブレーキホースキット フロント用 Wダイレクト アルミ GOODRIDGE(グッドリッジ) XJR400/S(93~96年)

彼方からの (甘い)便り

Happy Hour from Kyoto

#003
『最高殊勲夫人』
-Saiko Shukun Fujin (AKA“The Most Valuable Wife”) –

「ジューン・ブライド」なんてもう、最近はあんまり言わないのかもしれないけれど、結婚式はいつだってほんとに良きもの…!というわけで今回は、ウエディングマーチが高らかに鳴る、とってもハッピーな映画をひとつ Evotech Performance BMW S 1000 RR フレームスライダー 2010 - 2011、ご紹介します!

舞台は1950年代後半の東京。若尾文子演じる野々宮杏子は三姉妹の末っ子で、上の姉たちは「三原商事」創業家三兄弟の長男、次男と、次々に恋愛結婚(めちゃくちゃだ!)。長女は 【メーカー在庫あり】 VXPMEML15 オーエスジー(株) OSG ハイスエンドミル V-XPM-EML-15 HD店、社長である長男の手綱を握り、三原商事の女傑として君臨しています。でも話はそれだけでは終わらなかった!長女はさらに、両家に残った末っ子同士を結婚させる「玉の輿三重奏」計画を実行します(怖い!)。姉さんの自分勝手に付き合わされてたまるもんですかッ!川口浩演じる三原家三男・三郎と杏子は 、共闘して、どんなことがあっても結婚しないと誓い合います。さてさて、姉さんの企ての行く末やいかに…?高級バーにとんかつ屋さん、テレビ局、鬼怒川温泉、あんみつがおいしい甘味処にロカビリー喫茶etc. 60年以上昔のカラフルな東京(と鬼怒川)が、次から次に目に飛び込んできて、新鮮&大興奮!高速セリフ回しに退屈する暇もなく、

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ VEURO VE303 ビューロ サマータイヤ 215/65R16 WEDS ジョーカーシェイク ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +53 5穴 114.3が凝縮した限定ショップ

、超・超・超最高な95分間!

ところで、この映画には結婚パーティーのシーンが二度登場します。わたしのお父さんとお母さんの結婚式よりもずっと昔、1950年代の結婚パーティー!さぞかし形式張って窮屈だろうと思いきや、それは立食形式のカクテルパーティー。テーブルの上には気軽な食事の他、ランダムに並ぶ洋酒、瓶入りのバヤリースがずらり!なんだか、ブライダルというよりは学期末のお楽しみ会みたいにフランクな感じがします。出席者の出で立ちも、留め袖振り袖訪問着の女性はいるものの、洋服のスタイルはまちまちで、今よりずっとバラエティ豊か。なんだあ!自由でおおらかでとってもたのしそう!

そんな結婚パーティーの引き出物にもぴったりな、めでたくもかわいい京都のお菓子があります。でも、京都のお菓子、と言うと、ちょっとイメージがちがうかも?それはね、カステラです!西陣に江戸時代から続く、カステラ専門店「越後家多齢堂」のもの。こんなに歴史あるカステラ専門店というのは、もちろん京都で唯一です。扱うのは、自宅用から贈答用まで、様々なカステラ(のみ!)。歯ごたえを感じるほど力強いフワッフワの食感と、豊かな卵の風味は、そりゃもう衝撃的なほど。食べたらきっとぶっとばされちゃうよ!しかも御誂え向きなことに、「寿」の形のカステラ(かわいすぎる!)が添えられた、婚礼用のものがあるんです!木箱入りのものも格式高くていいけれど、こんな小洒落たパーティーなら、紙箱入りがおすすめ。なんてったって、赤色の蓋の上に「寿」一文字の箔押し!潔くめでたい!超クール!でね、蓋を開けると、まるで財宝の詰まった箱を開けるときみたいに、顔がパアッと黄金色に照らされるの!理由は簡単、内側の台紙が黄金色だから。なんだ 【ドドーン!!と全品ポイント増量中】KK-H104FDL フリップダウンモニター用取付キット N-BOX用 パイオニア【取寄商品】ウ【DM】、それだけ?でもな〜んか G-Corporation S14 Silvia ハイキャスキャンセルロッド、うれしくありません?これぞハレの日のお菓子、おめでたさ満点って感じ!

ハア〜だれか、『最高殊勲夫人』みたいにかわいい結婚パーティーを開いて ●取付サービス付き(塗装等含む)●●シルキーシャークプロジェクト●ボルボ V70 ?型 前期型(セダンS60R適合可能) アイライン Type1 ブラックカーボン 綾織り、そしてわたしを呼んでくれ〜!もちろん引き出物は、「越後家多齢堂」の婚礼用カステラでお願いします!

The concept of a “June Bride” may no longer be the dominant fashion, but weddings are always joyous events. I’d like to introduce a very happy movie, one that merrily plays the Wedding March.

Set in Tokyo during the late 1950s, Kyoko Nonomiya, played by Ayako Wakao, is the youngest of three daughters. In a parallel situation to her own, her two older sisters are already happily married to the two oldest sons (out of three) of the founder of the Mihara trading company (what a crazy situation!). The oldest sister reigns as queen of the Mihara trading company by controlling her husband who is the CEO. But that’s not enough for her, she plans to marry off the youngest in both families, as part of a Marry-Into-Wealth- Trio scheme (scary!). “I won’t let my selfish sister do whatever she wants!” Kyoko and Saburo, the youngest son, played by Hiroshi Kawaguchi, join together in an alliance against this conspiracy and swear to never get married to each other. What’s going to happen to her sister’s plan……?

Colorful Tokyo locations, all more than 60 years old, appear one after another: a luxury bar, a tonkatsu restaurant, a TV broadcast station, the Kinugawa hot spring, a Japanese sweets cafe that serves tasty Anmitsu, a Rockabilly cafe, and so on. All of these places seem so fresh and exciting! And there’s no time to get bored because of the fast delivery of the movie’s dialogue. It’s so awesome, 95 minutes just flies by!

By the way, this movie features two wedding reception scenes. A wedding reception in the 1950s- that’s way older than my own parent’s wedding! I imagined it would be very formal and uptight, but the receptions in the film are more like a buffet style cocktail party, with appetizers on tables, an array of randomly placed liquors, and bottles of Bireley’s orange drink. It seems a lot more casual, more like a holiday party than a reception. The mode of dress is quite casual also. Although there are women in more formal Kimonos, there are a lot of varieties of western style clothing on view, even more than wedding receptions in present day! It seems so much more free and liberal and a lot of fun! I had no idea!

There’s an adorable and charming sweet from Kyoto that fits nicely as a wedding favor. You may think it’s unlike any other sweet from Kyoto. It’s Castella! (A popular Japanese sponge cake made from sugar, flour, eggs, and starch syrup, which is from Nagasaki with a Portuguese origin). This particular Castella is from Echigoya Tareido, a Castella specialty shop in the Nishijin area, which opened way back in the Edo period. Since their opening, this shop only sells Castella, surely the only store in Kyoto to do this. The shop sells Castella (and only Castella!) in many different varieties: to enjoy with family, as gifts for different occasions. It has a firm but fluffy texture with a rich egg flavor. It’s so tasty that it’s almost shocking. It will knock you out when you eat it!

There’s a special Castella made for weddings that has a small Castella shaped word meaning “celebration” placed on top. So cute! For wrapping options, the wooden box gives off a formal and elegant feel, but for stylish parties, I would suggest the paper box. It comes in a red box with a gold leaf print of the word “celebration”. So simple and happy! Very cool!What I love about the design is when you open the box, your face is illuminated in its golden hue as if you opened a treasure chest full of gold coins. The reason is simple: the box is lined with gold paper. Is that all? Yup, but doesn’t it put you in a happy mood? This Castella gets top marks as a sweet for any celebratory day!

Oh, someone please invite me to a cute wedding reception like the one in “Saiko Shukun Fujin”! And then of course, make the wedding favors be Castella from Echigoya Tareido!

Kyo-gashi information

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ VEURO VE303 ビューロ サマータイヤ 215/65R16 WEDS ジョーカーシェイク ホイールセット 4本 / 16インチ 16 X エモーション 6.5 +53 5穴 114.3

越後家多齢堂
京都市上京区今出川通千本東入般舟院前町133

Echigoya Tareido
133 Hanshuinmae-cho, Imadegawa-dori Senbon-higashiiruru, Kamigyo-ku, Kyoto

movie information

『最高殊勲夫人』(1959)
増村保造監督

Saiko Shukun Fujin (AKA “The Most Valuable Wife” )
Dir. Yasuzo Masumura

text & design

いこ  /   iqco

NODATE PICNIC CLUB

 最近は「描き文字」をはじめとした、

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ VEURO VE303 ビューロ サマータイヤ 215/65R16 WEDS ジョーカーシェイク ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +53 5穴 114.3

戦前松竹映画のグラフィックに夢中です!

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-60598